【ウロコインコ】繁殖に向けて

【ウロコインコ】繁殖に向けて
記事を書いている私

こんにちは!インコとわんこのブリーダーをがんばっている飼育係のjolly(@jolly_parakeet)です!

飼育部屋の更新が全くできておらず、近況の報告になりすみません。

私事ではありますが、数ヶ月前よりプログラミングの勉強を始めたことにより、全く時間に余裕がなくなってしまいました。

コードって何?って言うところからのスタートだったので、この2ヶ月間は平均すると毎日5時間位はパソコンをいじっていました。

やっと!カリキュラムが終了しましたので、これからはどんどんインコ情報をアップしていきたいと思います

たっぷできるもくじ

ペアー組完了

今年のペアー組は色々悩みましたが、ブルー系を多めに繁殖をしようと思います。

バイオレットペアー

新たに加わったバイレットです。

とても仲良しなので、早めに素引きに入るのではないかと思っています。

このペアーからはバイオレット(ダブル)や、ワキコガネバイオレットが生まれる予定です。

ダイリュート×ブルーシナモン

ダイリュートはスプリットにブルーを持っているので、今回はこのペアーからミントが生まれてくれたらと思っています。

ミントはあまりメジャーではないので、この辺の市場で見ることは殆どありませんが(都会はいるのかな?)

ミントの色合いもとっても可愛いですよ!

ムーンチーク×サンチークペアー

昨年はサンチークがたくさん生まれたにもかかわらず、それ以上のお問い合わせをいただきました。

本当にありがとうございます。

ただ、悲しいことにムーンチークが1羽しか生まれませんでした。

生まれる前から予約を頂いていた、仲良しの鳥友さんに無事にお渡しすることができて良かったです。

まだまだお値段は高めですが、やはりあの綺麗で上品な色合いはムーンチークならではだと思います。

バイオレット×ムーンチークペアー

このペアーを組むのはとても悩みましたが、今回はあまり期待せず、未来に期待してのペアー組です。

このペアーから生まれるのは、ブルー系になります。

ムーンチークは生まれません、理由はオスのスプリットにダイリュートがないから。
遺伝の話なので難しくなりますが、ウロコインコのカラーはその子の持っている遺伝子で決まります。

オスとメスの遺伝子によって生まれてくるカラーがある程度予測できるので、遺伝子の仕組みがわかると組み合わせも楽しくなりますね。

ウロコインコのペアーは以上の4組です。

オキナインコペアー

コバルトパリッド×ブルーオパーリン

このペアーは今年はぜんぜんうまく行かず、やっと1羽のオスが生まれました。

産卵した卵の数は全部で10個に対し有精卵は5個、無事に孵化したのは1羽のみ

抱卵中にオスが脱走して、メスがパニックになり抱卵を途中でやめてしまったという事件があったのでこのような結果になってしまったのですが…

私の管理不足です。すみませんm(_ _)m

脱走事件を知りたい方は下記をどうぞ。

オキナインコの繁殖が難しいといわれているのは、こういうことですよね。

途中で巣箱を覗こうとするものなら、ギャーギャーいって騒ぎますからね。
その後、卵をつっついて割ってしまうんですよ。

ちょっとしたことに、とても敏感です。

生まれた1羽は我が家に残存ですが、これがまた可愛い!可愛すぎるんです!

オキナインコはヨウムの次に賢いと言われていますが、ほんとにそのとおりです。
とにかく言葉を覚えるのが早い!歌なんか歌ってます。(なんの歌かわかりませんけどね)

名前を呼ぶとすぐに飛んできて耳もとでおしゃべりします。
とにかく一日中なにかおしゃべりしています。

オキナインコならでは可愛さがあります。

2羽目のお迎えを考えている方、オキナインコいいですよ。

ペンさん

ウロコインコより鳴き声は大きいばい。
インコの鳴き声が子守唄のように感じる人におすすめばい。

ウロコインコの雛の譲渡については、無事に雛が生まれて、ある程度羽の色がわかってから募集を開始いたします。

その場合は、お問い合わせを頂いた先着順とさせていただきます。

【ウロコインコ】繁殖に向けて

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
たっぷできるもくじ
閉じる