オキナインコの賢さ

こんにちは。

ジョリパラ、飼育係のjollyです。

今年は順調にオキナインコの雛が生まれました。

順調にと言っても、1回目の抱卵で有精卵4つ、無精卵2つ、孵化した雛は4羽、無事に成長した雛は1羽です。この1羽は私の姉が飼うことになりました。

コバルトの男の子、シックなカラーでとてもきれいです。

コバルトのオキナインコを生で見るのは私も初めてだったので、どんなカラーなのか楽しみだったんですが想像以上に実物はきれいです。

2回目の抱卵では6つの卵を生んですべてが孵化しました。そのうち無事に育ったのは3羽です。

ウロコインコと違ってオキナインコは子育てが下手なの?大きく育っていた1号ちゃんが1週間ほどして冷たくなっていました。そして最後に孵化した6号ちゃんも餌をもらうことなく冷たくなっていました。

下手というよりすごく神経質なのは確かです。

これは他の雛も危ないかも!と4羽の雛を早めに巣上げしたのですが、2号ちゃんが翌日冷たくなっていました。

残り3羽の雛は順調におおきくなり、ブルーの男の子は新しいご家族様のところへ行きました。

お引渡しするまで凄くドキドキします。

その日は台風が接近している日だったので、暑い日じゃなくてよかったです。

残りの2羽は現在さし餌が2回になりました。

羽根の色もしっかりとでてきてオキナインコらしくなりました。

ブルーパリッドの女の子

淡いブルーカラーがとてもきれいです。

ブルーパリッドも我が家では初めて生まれたカラーです。

コバルト/パリッドオパーリンの男の子

スノーホワイトのSPになります。

オキナインコはとても賢くて言葉もすぐに覚えます。

ヨウムの次に賢いと言われるほど。確かにそのとおりだと思います。

昨年生まれのオキナインコの「たま♂」と「りんりん♀」は朝からずっとおしゃべり、歌も大好きで特にミッキーマウスマーチをかけるとノリノリで歌い出します♪

朝起きると「おはよう」と声をかけてくれ、仕事から変えると「おかえり」と言ってくれます。

また、私が愛犬のこむぎを大きな声で「こむぎー!」と呼ぶので、たまもりんりんもこむぎがケージの前を通るたびに「こむぎー」といいます。笑

その場の状況や、人や動物などをきちんと判断しているようです。さすがにびっくりですね!

ウロコインコのようにべったりではないですが、中型インコにしてはとても飼いやすく、楽しませてくれるインコです。

では。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる