自宅でインコと犬のブリーダー業を開業しました

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

私はウロコインコを中心としたブリーディングをしてます。

この記事は私の経験から書いてます。
資格は「愛玩動物飼養管理士」を持ってます。

Twitter(@jolly_parakeet)やInstagram(インコ村)で情報発信してます。良かったらフォローお願いします♪

今回の記事は、ブリーダー業を開業するための私の体験をまとめてみました。

たっぷできるもくじ

ブリーダーになるための資格は?

私は「愛玩動物飼養管理士」の資格を取得しました。

愛玩動物飼養管理士の資格と取得した理由
  • きちんとした教材で動物のしっかりした知識を学びたかったから
  • 通信教育で取得ができるから

ブリーダーになる前の私は主婦に仕事に大忙しでした。

なので、なるべく空いた時間でしっかりと勉強できる方法を探してました。

「愛玩動物飼養管理士」の資格が一番私の生活スタイルにあっていました。

愛玩動物飼養管理士の資格を無事に取得

資格を取得しただけではブリーダー業を開業することはできません。

ブリーダー業を行う場所を保健所に申請する必要があります。

私の場合は自宅でブリーダー業をすることにしました。

将来は娘の勉強部屋になる予定ですが、使っていない洋室が一室あります。

娘にそれとなく部屋について相談すると…

「今の部屋でいいよ〜!(今はリビング横の和室が娘の部屋)」

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

ラッキー(-ω☆)キラリ

無事に飼育部屋が確保できました。

ブリーダー業を開業するために保健所へ

娘の気が変わらないうちに保健所に申請手続きを!

飼育部屋にするために注意したこと
  • 鳥のケージが落ちないように滑り止めの設置
  • 犬のケージの下にも滑り止めシートを設置
  • 消毒品・掃除道具も専用のものを購入

他にも当然ですが大事な命を預かるブリーダー業をはじめるにあたって細かな条件必要な設備が決まっており、一つずつ保健所の方に教えていただきながら準備をしました。

提出する書類の一つである「飼養施設の平面図」をきちんと満たすように必要な物を設置しました。

申請数日後に、保健所の職員さんによる立入検査がありました。

すべてのことがはじめてだったので、ものすごく緊張しましたが無事に終了。

保健所の立入検査が終わり1週間ほど経ったある日

「許可証ができあがりました」

と嬉しい連絡が!!

これで晴れて私はブリーダー業を開業することができ、インコブリーダーと名乗れるようにになりました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる