インコの飼育道具(ケージ)についての悩み

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

こんにちは!インコとわんこのブリーダーをがんばっている飼育係のjolly(@jolly_parakeet)です!

鳥の飼育道具の一つ「ケージ」はどこのものを使っていますか?

国内のものですと「HOEI(ホーエイ)」「SANKO」の2つが有名かなと思います。

家のインコ達もこの2社のケージを使っています。

『てら・もす』のセキセインコペアはSANKOの『イージーホームクリアバード35WH』

『ロロ』『トト・カカ』のウロコインコチームはHOEIの『ホーエイ35手のりホライズン』を使っています。

どちらもエサや水をあげたり、掃除などはしやすく重宝しています。

しかし、1羽、2羽を飼育を室内でするなら日本製のケージはとても便利と思うのですが

繁殖

を目的とすると話が変わってきます。

【繁殖を考えると】

  • 2羽飼育するため広さが必要
  • エサや水やりはケージの中に手を入れず取り替えたい
  • 巣箱を設置したい

これはお金はかかりますが、お金を出したら解決します。

1万円ぐらいはしますけど、ホーエイサンコーも大きいサイズのケージは売っています。

屋外の鳥小屋となると値段は格段に高くなります。

たっぷできるもくじ

エサや水やりはケージの中に手を入れずに取り替えたい

多くのケージはこのタイプです。

止まり木にエサ入れがついていたり、他にもケージの内側に引っ掛けるタイプもあり、これらはケージの中に手を入れエサや水を取り替えないといけません。

繁殖を目的に考えると、デリケートな時期なのでなるべく人の手を鳥たちのテリトリーに入れないほうがいいのかなと思っています。(繁殖期、繁殖をした鳥はこれまで懐いていたとしても飼い主と距離ができると言われています)

巣箱を設置したい

広くて大きいケージを用意すれば巣箱は設置できます。

設置するだけなら問題はありません。

「巣箱が設置できて」「ケージの外側からアクセスできる」、この2つを満たすケージは見当たりませんでした。

なぜ、この2つを満たすケージを探しているのかといいますと

繁殖させるからには巣箱が必要です。

設置した巣箱の中で卵を産み、ヒナが孵化したとします。

その後、母鳥が育てていくのですが、いつの日かヒナを巣上げをしたいからです。

巣上げとは「ヒナを手乗りにするために人為的に親元から取り上げ、巣から取り出す行為」のこと

手乗りにしたいという面と、もう一つは「母鳥がヒナの面倒をみない時」に人為的に育てる必要が出てきます。

面倒をみない、ヒナが弱っている時などに、親鳥のケージに手を入れ、巣箱をあけ、ヒナを取り出していく。

想像しただけで、手が噛みつかれ、血まみれになるでしょうし、親鳥との関係も悪くなることは確実です。

ですので、巣箱に外からアプローチできるケージを探しています。

ケージを探しているその他の理由

今は室内で飼っていますが、今後は繁殖をしていきたいので屋外飼育へ移行したいと思っています。

そのためには少し大きめで、猫や蛇などから愛鳥を守ってあげられるケージも探しています。

これら全てを満たしてくれるケージはなかなか見つかりません。

現在のケージ

繁殖に適したケージは、今のところ見つかりませんので、持っているケージをペンチで穴を開け、手作りの巣箱を外からつけています。

トトとカカ

巣箱の入り口

なかなか見つからないのでケージをできないかなとも考えています。

以前、台湾に旅行で行った時には鳥用品は充実していたので、また台湾に見に行きたいな〜とも日々思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる