【インコの飼い方】セキセイインコの羽きりについて

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

こんにちは!インコとわんこのブリーダーをがんばっている飼育係のjolly(@jolly_parakeet)です!

セキセイインコのクリッピング(羽切り)について悩む方は多いと思います。

そんな中、我が家のモスも初めてクリッピングをしたので、クリッピングについて専門家の意見をまとめてみました。

左がモスです。

最近、羽がすっかり生えそろってケージの中でもホバリングを練習

ケージから出たがるため、一緒に遊ぼうとケージから出すと
出た途端に部屋中を旋回し、全くじっとしていない(-.-;)

ちょっと前までは、絨毯の上でボールを追いかけたり、
サッカーをして遊んでいたもすさんだったのですが・・・

とにかく飛びまくる!!!

色々なところに留まり、何度も危ない目にあったりしました。
例えば冷蔵庫の上の奥の方や (ホコリまみれやないか〜い(;O;))

戸棚の上の見えないところ (そんなところでう○こしないで〜(+_+))

この前は、朝にケージの掃除をしていたら、
突然ケージを飛び出し、娘の部屋のほうへ 

慌てて、娘と探したのですが、鳴き声はするのですが見当たらず何処にいったのだろう?

何度も名前を呼ぶのですが、、、、\(;´Д`)/ドコ―

すると、押入れの奥の方から鳴き声が‼︎
よく見ると、ほんの少し開いていた扉の隙間から入ったのでしょう(汗)
もうーーーー(汗)もすさんたら

このような出来事が、多々有り、もすさんだけは放鳥できず(泣)

一方、てらさんはというと
我が家に来る前にペットショップで羽切りにされていたため
ほとんど飛ぶこともなく、もすさんを追いかけ家の中をトコトコ歩くばかりなので
もすさんのような危ない出来事はありません。

そこで、羽切りについて調べてみました。

以前、初めて健診に行った時に、インコの羽切りについて尋ねたところ、
獣医さんからは、羽きりは絶対しないほうがいいとお話を聞いていました。
前回の健診についてはこちら

専門家の意見

  • 飛べないことでのストレス
  • 羽を伸ばすためにそこに栄養を取られエネルギーを使う
  • 病気になりやすい
  • 一定の高さ以上から落ちた場合、捻挫や骨折の危険がある
  • 飼い主に羽切りをされたことでショックを受ける子もいる

など、鳥のことを一番に考えています。

一方、ペットショップやブリーダーの方達にもお話を聞いたのですが

ペットショップ、ブリーダーの意見

  • 逃げるのを防ぐ
  • ペットとして飼うなら飛べない方がいい
  • 骨折などをしていて、安静にしないといけないときなど
  • 家具にぶつかる、窓に突っ込む、鍋や換気扇に突っ込む、
  • 他の部屋に入っていき、隙間から外に出ようとする

など、飛べるからこその危険もたくさんあります。

色々と悩んだ結果、もすさんの羽切りをすることにしました(T_T)

専門のお店できちんと切ってもらったほうがいいとのことで、もすさんを購入したペットショップへ
電話で予約をしていたので、すぐに切ってもらえました。

たっぷできるもくじ

セキセイインコの羽切り

手慣れているようで、もすさんも全然泣かない・・・

手前から5〜6枚を切るようです。

ついにハサミが・・・
痛くないのかなー(;´Д`)

切られている最中も、もすさんはじっとして泣きませんでした。
羽の血管が通っている手前部分を切るようです。

手慣れたものです。数分とかからず終わっていまいました。

お家に帰り、少しだけしか飛べなくなったもすさん
なんだか元気が無いようです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる