セキセイインコを初めて飼う、てらさんとの出会い

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

こんにちは!インコとわんこのブリーダーをがんばっている飼育係のjolly(@jolly_parakeet)です!

今日も2羽のセキセイインコに癒やされています。

しかし、2ヶ月前にはセキセイインコに全くと言っていいほど興味がなかったのです。
今から思うと、どうして興味がなかったのか不思議なぐらい。
今回は、なぜ一度に2匹もセキセイインコを飼うことになったのかということを書きたいと思います。

たっぷできるもくじ

セキセイインコを飼うきっかけ

今、働いている職場の同僚に最近セキセイインコを飼いだした人がいて
仕事の休憩や、合間の時間、そしてお昼休みまで、いつもいつもその人が飼ったセキセイインコの話を聞かされていました。

何箇所もペットショップやブリーダーのところを巡り、自分の気に入るセキセイインコを探し回ったところから
ケージなどの道具を揃えるのは大変だけど楽しいとか
挿し餌が2回から1回に減って楽になったとか、
手乗りにするには小さいうちから飼ったほうがいいとか
いつも「ふ〜〜〜ん(-.-)」って聞き流していた私。
何が良いのか全くわかりませんでした。

ある日

友達「セキセイインコはおしゃべりをするんだよ」

私「へ?セキセイインコって喋るの?」

早速、YouTubeで検索。

えーーーー!!!!

すっごい喋ったり、歌ったりと凄い可愛いやん!(>ω<)キュンキュン

セキセイインコ(てらさん)との運命の出会い

もともと金魚や熱帯魚が好きで、今も熱帯魚とビーシュリンプをお家で飼っています。
そのため、ペットショップには2週間に1回ぐらい、車で1時間以上かけて行っていました。

ある日、水槽の用品を買いに娘といつものペットショップへ行きました。
水槽の用品を買い終え娘と帰ろうとしたとき
そういえば、ここにはセキセイインコなどの小動物もいた事を思い出しました。

娘にインコ見に行く?って聞くと「いくーー!」の一言
生まれたばかりの文鳥や色々なインコやオウム、ハムスターからハリネズミまで
様々な小動物がいて、フェレットなどやうさぎと触れ合えるコーナーまであり
ちょっとした動物園のようです。

セキセイインコのコーナーに行くと、体の小さなまだ羽も生えそろっていないヒナが何匹もいました。

私「何このハゲ散らかしたヒナは??? くちばしでかいしー。くちばしオバケみたい(;O;)」

あまりにも可愛いとはいえない姿・・・

挿し餌は、朝、昼、夕の3回と表示していました。
とてもじゃないけど、仕事をしているので挿し餌3回は厳しいし
飼ったこともないから自信ないし・・・(>ω<)
今回は見るだけにして、帰ろうとしていたら

ん? セキセイインコがハムスターと一緒にいる?

(実際は、ハムスターが入っている深めのプラケースの上に、インコの止まり木を設置し、
そこでセキセイインコと触れあえるように放鳥していました)

生まれたばかりのセキセイインコではなく、生後1ヶ月程経っているセキセイインコでした。
ハムスターは、セキセイインコの存在を全く気にせず寝ています。
一方、セキセイインコの方もハムスターを気にせず、プラケースのふちを上手に行ったり来たりしていました(笑)

仲良しなんだな〜と見ていた瞬間!!

セキセイインコが、ハムスターのプラケースの中に飛び降りました!

危ないっ!

ハムスターに攻撃されるんじゃないかとハラハラ見ていたら

えーーーー!!!!

そのセキセイインコは、そこの中にあったハムスターのホイールの端に乗り
グルングルン周りだしたのです!!!

またまた、えーーーー!!!!

こんな衝撃的な技を、しかも目の前で見たのは初めてでしたので
娘と釘付けになっちゃいました。(@_@)
私のハートはわしづかみにされました。

このブログを読んでくださっている方ならもうわかりますよね。

そんなアクロバットを生で披露してくれたのが、今、我が家のパフォーマーのてらさんです(^^)

そして、、、次の日。

毎日ペットのセキセイインコの自慢話ばかりする同僚へ一言。

私「私もセキセイインコデビューしました」

同僚「えーーーーー!!!」

おしまい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる