インコには危険!バラ科の果物の種に潜む毒

インコのおやつに果物を与えている飼い主さんは多いと思います。

旬の果物を美味しそうに食べるインコを見ると、幸せな気持ちになります。

ですが、バラ科の果物の種子の中には有毒な成分が含まれています。

そこでバラ科の果物にはどういうものがあるのか、またその危険性についてお話したいと思います。

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

私はウロコインコを中心としたブリーディングをしてます。

この記事は私の経験から書いてます。
資格は「愛玩動物飼養管理士」を持ってます。

Twitter(@jolly_parakeet)やInstagram(インコ村)で情報発信してます。良かったらフォローお願いします♪

たっぷできるもくじ

バラ科の果物の種類について

危険!バラ科の果物の種に潜む毒

バラ科の果物といっても、私も詳しくは知りませんでした。

そこで、身近な果物の中にどんなバラ科の果物があるのか徹底的に調べてみました。

びっくり!結構あるんです。

バラ科の果物には、以下の種類があります。

  • りんご
  • さくらんぼ
  • すもも(プラム)
  • ネクタリン
  • あんず
  • びわ
  • いちご
  • 梨、洋梨
  • プルーン
  • マルメロ
  • ボイセンベリー
  • ブラックベリー
  • ラズベリー

バラ科の種子に含まれる有毒成分とは

危険!バラ科の果物の種に潜む毒

バラ科の果物の種子には、「青酸化合物」という成分が含まれていて毒性があります。

とくに、りんごの種子に多く含まれています。

この成分をインコが体内に取り込むと呼吸困難、痙攣、嘔吐などの中毒症状を引き起こします。

いちごやブラックベリーなんて種だらけだから食べさせちゃいけないの?って思った方もいると思います。

中には、「発芽する種子が危ない、いちごの種は発芽しないからOK!」

なんて掲載されているサイトもありますが、いちごの種はちゃんと発芽しますよ。

でも、いちごを食べて中毒が出たなんて聞いたことがないし、食べさせている人も見かけるし大丈夫なのかな(・・?

なんて思ってしまうけど…

いえいえ!危ないと言われている危険な果物をわざわざインコに食べさせなくてもいいのではと思います。

バラ科の果物の与え方と注意点

危険!バラ科の果物の種に潜む毒

与える場合は、きちんと種子を取り除けば与えることはできます。

セキセイインコなどの小型のインコは、大きな種を齧ることは少ないと思いますが、

オウムなどの大型のインコにサクランボや、びわなどをそのまま与えないようにしましょう。

種子以外にも危ない?

危険!バラ科の果物の種に潜む毒

バラ科の果物は種子以外にも青酸化合物が含まれているものもあります。

その中には、りんごやいちごの葉があります。

わざわざ葉を与える飼い主さんはいないと思いますが、今は家庭菜園でいちごを育てている人も増えています。

我が家の庭にも苺の苗を植えています。

知らずに与えてしまうということもありますので、覚えておくといいでしょう。

まとめ

バラ科の植物についてまとめてみましたが、意外と身近な果物がリスト入りしてびっくりですよね。

私も時々インコたちに果物を与えますが、果物の種子はすべて取り除くようにしています。

また、果物はほとんどが消毒されています。

皮ごと与える場合はよく洗ってから与えましょう。

自分の手でインコを危険な目に合わせてしまうことは、飼い主失格ですからね。

みなさんも、インコに果物を与えるときに迷った場合は与えずに、きちんと調べて安全を確認してから与えるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる