【ウロコインコの飼い方】ウロコインコの繁殖について−ウロコインコのブリーダーが解説−

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

こんにちは!インコとわんこのブリーダーをがんばっている飼育係のjolly(@jolly_parakeet)です!

ウロコインコの繁殖は春と秋の年2回行われます。

暖かくなって気温が上がってくる頃のほうが、親鳥にとっても育てやすいですものね。

でも、ウロコインコは寒い12月から繁殖を始めるんです。

12月なんて一番寒くなってくる時期、雛にとっても親鳥にとっても過酷な季節。

そんな、人気急上昇中のウロコインコの繁殖時期や適した環境、巣引きに関する事など、私が心から信頼する鳥友さん達の情報と、私の経験をまとめてみました。

ペンさんのアイコン画像ペンさん

11月に産卵したウロコインコがおるっち言いよったばい

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

ペンさん良い質問です。

あ!紹介しますね、この度、いんこ部門で採用した助手の元漁師ぺんさんです。
詳しくはまた、改めてご紹介しますね!

ウロコインコの生体について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

たっぷできるもくじ

ウロコインコの繁殖について

【インコ飼育】ウロコインコの繁殖について−ウロコインコのブリーダーが解説−

繁殖の概要

繁殖可能年齢1歳過ぎ
繁殖時期12月〜7月
ワンシーズンの繁殖回数2〜3回
1回で産む卵の数平均5個(±2〜3)
孵化までの日数平均21日(±2)

繁殖行動について

師走の忙しくなる季節とともに、オスの発情から始まり求愛行動へと移行します。

ウロコインコのオスの求愛行動は餌の吐き戻しです。オスが食べた餌をメスに口移しで与えます。

そして、求愛行動の刺激によってメスの発情が始まります。

オスメス共に発情が始まると、巣引きに入ります。

ペンさんのアイコン画像ペンさん

巣引きって初めて聞いたばい

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

巣引きとは、飼育下での鳥が巣を作り、ひなを育てるという意味です。鳥の業界用語ですね

交尾について

オスがメスの上に片足を乗せ、メスは前屈姿勢をとり交尾の体制となります。

または、きれいに上に乗る体制をとることもあります。

時間帯に決まりはないのですが、我が家では午前中に集中しています。

環境や個体によっても時間帯に違いがあります。

交尾時間は数秒から数分程度。産卵しても交尾はしばらく続きます。

ウロコインコの産卵の場所

自然界のウロコインコは、普段から木に開いた穴の中をねぐらにしそこで産卵し子育てをします。

飼育下でのウロコインコの巣引きは巣箱の中で行いますので、巣箱が設置されていないケージでは繁殖行動をとることはありません。

繁殖をお考えなら、一人餌になり十分飛べるようになるころに設置するのが理想です。

また、一般家庭で飼われているウロコインコは繁殖の必要がなければ、巣箱の代わりにバードテントを設置してあげるといいです。

ペアーで飼育していてもバードテントで繁殖をする可能性は低いです。

ウロコインコの産卵

気がつくとお腹が急に大きくなっていたなんてことも多々あります。

目視で確認ができてから1〜2日で初卵を産みます。

その後は1日から2日おきにひとつずつ産卵します。

平均5〜6個を産卵しますが、個体によっては7個産卵することもあります。

巣上げを早くした場合、すぐに次の巣引きに入ります。

繁殖期で3回ほどの巣引きを行いますので産卵する卵の数は15個位と多いです。

ですが、無精卵や中止卵も多くすべての卵が孵化する確率は高くはないです。

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

実際、我が家のウロコインコも合計で13個程産卵したのですが孵化した雛は3羽のみでした

ウロコインコの抱卵

メスは1個めの卵から抱卵を始めます。稀に抱卵をしない個体もいますのでよく観察しましょう。

卵があるのにメスが巣箱からちょくちょく出ている場合は要注意です。

親鳥に繁殖経験があるからといって安心はできません。繁殖中のウロコインコはとても過敏になっています。

心配だからといってちょこちょこ巣箱を覗いたり、大きな音を立てたりしないようにしましょう。

最初は順調に抱卵していたのに、途中から放棄してるなんてこともありますので細心の注意を払いましょう。

ウロコインコの孵化

平均して20日前後で孵化します。

嘴打ち(はしうち)といって中から雛がくちばしで殻を叩く音がします。

嘴打ちが始まって半日から1日かけて殻を割って出てきます。

このときに、殻が中々外れないからと人の手で手伝ってあげると、体内に収納されていない卵黄が傷つくことでほとんどの雛が死んでしまいます。

温かい目で見守ってあげましょう。

また、上手く孵化を促すためには適度な湿度が重要になります。

湿度が低すぎて乾燥傾向だと中止卵が多くなるので加湿器や濡れタオルなどで室内の湿度を調整しましょう。

我が家での湿度は50%〜65%を目安としています。
(孵卵器を使用する場合はこの湿度ではありません)

ウロコインコの育雛

雛が生まれると抱卵と同時進行で餌やりが始まります。

24時間体制でオスとメスが協力して餌を与えます。

最初の方はまだ抱卵しているので、オスがメスに口移しで餌を運び、その餌をメスが雛に与えます。

しかし、雛の数が増え最初の雛が大きくなってくるので、オスだけでは間に合わずメスも自ら餌を運ぶようになります。

親から餌を与えてもらう行為がすごく重要で、人間で言う初乳のようなものです。

我が家では25日前後ほど親に預け、十分に親からの免疫をもらってから巣上げを行います。

稀に親によっては、巣箱を覗かれることで卵を食べたり雛を齧り殺したり、雛の羽を抜く場合もありますので注意が必要です。

生まれたはずの雛が跡形もなくいなくなるという現象もあります。

不用意に何回も巣箱を覗かないようにし、ストレスを与えないようにしましょう。

無事に孵化したからといって安心はできません。

【インコ飼育】ウロコインコの繁殖についてまとめました
記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

我が家の全ての巣箱には、小型のカメラが設置できるように小さな穴を開けています。これで不用意に巣箱を開けなくてもよくなりました

繁殖環境の重要性

【インコ飼育】ウロコインコの繁殖について−ウロコインコのブリーダーが解説−

ウロコインコをはじめ中型インコの繁殖は静かな環境のほうが繁殖率は高くなります。

ペットとして飼っているウロコインコであればリビングなどの生活感がある部屋で過ごしていると思います。

しかし、繁殖を考えるのであれば、専用のお部屋、もしくは寝室など生活音が少ない場所が良いです。

理想は、朝日とともに起きて日の入りとともに寝るという自然界に近い環境です。

我が家のウロコインコは、夕方の暗くなる時間には巣箱に入って就寝です。

また、ウロコインコは寒い冬でも野外飼育が可能です。

雪が降るような時期に巣引きを始めます。

また、寒い季節でも冷たい水に喜んで飛び込み水浴びをします。

ヒーターなんていりません。

それくらい寒さには強いインコです。

ペンさんのアイコン画像ペンさん

小さなインコは保温が必要たい!

記事を書いている私のアイコン画像記事を書いている私

ぺんさんその通り!!

寒さに強くても幼鳥や療養中のインコ、持病があるインコなどの保温が必要なケースはヒーターを設置してあげましょう

ウロコインコの繁殖についてまとめ

【インコ飼育】ウロコインコの繁殖について−ウロコインコのブリーダーが解説−
  • 1歳以上のウロコインコのペアで繁殖時期は12月〜7月
  • 巣箱が必要
  • 繁殖時期になったら静かな環境に

初めての繁殖はわからないことだらけで不安になりますよね。

私も初めて繁殖をしたときは、毎日がドキドキとワクワクと両方でした。

中止卵があるとすごく悲しくなり自分の何が悪かったのかなど、落ち込む時もありました。

でも、初めての雛が生まれた日の感動は今でも忘れられません!

私の記事で、ウロコインコの繁殖で悩む多くの方のお役に立てたら嬉しいです。
(不明な点がありましたら、お気軽にコメントして下さい)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

たっぷできるもくじ
閉じる